「誰でもできることなら何でもできます」というのは最悪の戦略

およそ10年あまり前から、ビジネスパートナーとしていっしょに仕事ができる方を探してきました。
途中何年間か、そういう活動から遠ざかってたこともありますが、最近再開してみて、昔も今もそれほど状況は変わっていないことを感じます。

ビジネスパートナーを探す中でいろいろな方のお話を聞いてきました。
こちらから声を掛けさせていただいた方もいれば、先方から売り込みに来られることもありました。

そうした中で、「こりゃダメだ!」と感じる人にはいくつかの類型があります。
今回のテーマはそうした類型のひとつです。

これといって売りになるような得意分野がない人に多いようですね。
「あなたのセールスポイントは何ですか?」と尋ねると、「値段です」とか平気で回答する人さえいます。

苦手分野はあってもいいし、それが多くのプログラマーならできることであってもいいと思います。
けれども、何一つ得意分野がないのは論外です。

まだまだ駆け出しのサラリーマンなら仕方がありません。
個人事業でやっているにせよ会社としてやっているにせよ、独立した事業者であれば得意分野の一つぐらいは作っておきたいものです。

Bookmark and Share