著作権譲渡を求めないという選択

お客様によってご意見が分かれるところではありますが、弊社に製作をご依頼いただいたプログラムの著作権譲渡をあえて求めないというのもひとつの選択肢です。

お金を払って製作を依頼したプログラムだから、一切合切の権利を譲って欲しいと考えるのは自然なことです。けれども、必ずしもそれがお客様にとってメリットになるわけではありません。

通常、長年プログラマとして経験を積んできたものであれば、ある程度のプログラム資産の蓄積があるものです。ところが、その権利をすべて譲渡するとなると、蓄積した資産を使わずにすべて新規で製作せざるを得なくなります。

結果、過去の資産を有効活用すれば早く、安くできたかもしれないのに、開発期間も工数も大幅に膨らんでしまうことになります。

著作権を譲渡されて、それを有効活用できるお客様であれば、それでも譲渡を求めるのもよいでしょう。しかし、大多数のお客様にとって、著作権譲渡を求めることは何の価値もありません。

同様に、著作者人格権の行使禁止を求めることも、よく考えて行うべきでしょう。

なお、著作権の譲渡に関して明示的にそのような契約を結ばなければ、著作権が譲渡されることはありません。著作者人格権は、少なくとも日本国内の法律では、他者に譲渡することはできません。

Bookmark and Share