Windows Formsで開発するなら・・・・・・

私は主として組込み関連の開発に携わることが多いのですが、それでもWindowsのデスクトップアプリケーションを作成する機会もそれなりにあります。
そして多くの場合、高速な演算など、ネイティブコードを書くことになります。

GUIの開発は、Windowsに限ればC#が何といっても便利です。
そこで、ネイティブコードの部分はCやC++で記述して、C++/CLIを間に入れるかどうかはともかく、C#でフロントエンドを作るのがこれまでのスタイルでした。
“Windows Formsで開発するなら・・・・・・” の続きを読む »

Bookmark and Share